2005年1月から自動車の再資源化の推進のため、自動車リサイクル

愛車を売ろうと思ったときにあらかじめ注

2005年1月から自動車の再資源化の推進のため、自動車リサイクル法が実施されていますよね。ですから、多くの車が自動車リサイクル法に則り、自動車リサイクル料金を払っていると思われます。

こうした、リサイクル料金を払った車を売却するにあたっては、買取業者からリサイクル料金に近い金額を受け取れます。

この料金が、査定額とは別に渡されるのか、そのまま査定額の中に含まれているのかは、業者によって異なりますから、業者にきちんと確認をとってから契約した方が良いと思います。

走行距離が長いと、車査定ではマイナスに評価されます。一般的には、10万キロを超えると希少価値があって、高い相場で買い取れる車種でも、ゼロ円で査定されると予想しておくべきでしょう。もし走行距離が同じなら、使った期間が短ければ短いほど不利だと考えてください。短期間でより多くの距離を走ったと扱われてしまうためです。年式は浅ければ浅いほど査定額は高くなるものですし、上のグレードのものほど査定額アップが期待できるでしょう。

査定時には車種の色もチェックされる重要なポイントで、無難な白黒、そしてシルバーなどが人気です。

車を購入するときには、そのうちに売ることを考えて人気がありそうだなと思う色の車を買うというのも良いのかもしれません。

車の買取を利用する際には、一社だけでなく複数の業者の査定を受けるのが鉄則ですが、他の業者にも一度査定してもらった以上、どう言えば上手く断れるか分からない人もいるかもしれません。

しかし、あれこれ考えなくても、他社の方が買取額が良かったのでと告げればそれで十分です。

業者名や買取額を具体的に言ってもいいと思います。

もし、断りの連絡を一社一社に入れるのが面倒ならば、同時査定を利用して手間を省くこともできます。

中古車買取業者が査定にあたって重視する点は、走行距離、年式、排気量、次の車検までの期間が該当します。

他には、車体に傷が無いのか、車内の状態なども重要なポイントです。

こうした車本体の状態以外にも、新車種の発売前やモデルチェンジ前など、市場が変わる時も通常より査定額が良いそうです。

高く売りたいと考えている方は、こうした市場のタイミングを見計らい、一括査定サイトなどで複数の業者の同時査定を受けること、査定前から、車の洗浄や車内の清掃などで綺麗な状態にしておくのが良いでしょう。

これらが中古車の高額買取のコツです。

中古車査定で売るほうが良いのか、あるいは、ネットでの売却がいいのか、迷われている人はおられませんか?愛車を少しでも高く売却したいのはオーナーの立場としては至極当然のことなので、このような悩みを抱いておられる方は多いのではと思います。

結論から言えば、希少価値の高い車ならば、ネットオークションでの売却の方が高く売れるということかもしれません。これまで大事に乗ってきた車を買い取ってもらうなら、気持ち良く取引したいですね。買取価格アップに直結するかわかりませんが、掃除くらいはしておきましょう。

車の中には基本的に何も置かず、カバー類ははずしておきます。カーマットの下にはゴミがたまっていないように注意してください。

ボディやガラスが汚れているときは、ちょこちょこ拭くより水洗いが効果的です。洗剤を使うのでも普通のカーシャンプーでスポンジ洗いすればOK。頑張って鉄粉落としなどを使いまくると、塗装ごととれる可能性もあるので、スーツ姿で触っても服が汚れないのを目安にすると良いでしょう(営業さんはスーツで来ます)。

ホイール周りやルーフは汚れが残りやすいので、忘れないようにしてください。それだけで見違えるようになります。営業さんも人間ですから、マイナス面を減らすことで少しでもプラスになるでしょう。前、乗ってた中古車の買い取りを依頼する時に用心しておかなくてはいけないのは、悪徳業者についてです。

誰もが知っているような会社なら安心ですが、一店舗経営のお店は、気を付けるべきです。悪徳業者に依頼してしまうと、車を渡したのにもかかわらず、代金はもらえないということもあります。

査定は、新車の状態に近いほど査定額が良く、高価になります。

ワンオーナー・走行距離が少ないこと、改造車でないと評価はきっと高くなります。勘違いが多いのですが、車検までの期間は査定の金額に関係しないことが多いです。

また、査定するのも機械ではなく人間なので、査定額に多少心証が影響することもあります。

車検証、それと、自動車納税証明書を中古車の買取を依頼する前に、用意しましょう。

言うまでもないことですが、車の外、車内の確認も忘れずに行いましょう。

自分で修復可能な傷は直し、車の外側にはワックスをかけ、車内は丁寧に清掃しましょう。

いわゆる改造車だったら、改造した箇所を可能な限り、元通りにして、購入時についていた純正のパーツの方が査定時の評価は上がります。

査定を受ける前には車内で喫煙しないなど、車の中のニオイにも気をつけてください。